区民相談、法律相談承ります

松島みちまさのお知らせ

依存から自立、そして共生へ…

日本を元気にするための「コミュニティー」を目指す、松島みちまさのお知らせページです。

INFORMATION

教育委員会事務局よ、真実を語れ(1)

2011.09.14

 昨年9月30日の一般質問で、教育委員会事務局庶務課元職員による不正事件に関して、いわゆる「付け替え」が行われていたのではないかと指摘をしましたが、教育長からは答弁がありませんでした。
 この度、東京地方裁判所に係争中の民事訴訟事件(原告:板橋区、被告:元職員・電気工事会社1社)の記録閲覧とその後の要求資料によって、以下の事実が明らかになりました。

 まず、区立美術館防犯カメラ等取替工事のケースを示します。

 区立美術館では平成19年7月から10月にかけて防犯カメラの取り換え工事が実施されました。しかしこれは美術館工事の件名で工事が行われたものではありませんでした。予算計上されていないものだったために、下記の工事をやったことにしてカメラ等の設置工事が行われました。
  防犯カメラ取替工事  1,152,900円
   ⇒ 板橋第八小学校1階廊下照明改修工事    297,150円
     上板橋第一中学校技術室換気扇設備改修工事 261,450円
     上板橋第三中学校体育館ステージ照明設備改修工事 298,200円
     向原中学校体育館ピロティ照明改修工事   296,100円
 インターホン取替工事  179,550円
   ⇒ 板橋第八小学校屋上プール揚水ポンプ制御盤 179,550円
及び絶縁改修工事(契約金額は288,750円)

 板橋区は、上記工事が施工されていないことからA社に対して損害賠償請求を行い、A社は板橋区に「小中学校補修工事の架空請求に伴う損害賠償金」として1,144,500円を納付しました。(平成22年12月17日付。資料:22年度歳入予算整理簿)

 ここで、美術館に設置され現在も使われている防犯カメラ等についてはどうするかという問題が生じます。区は、A社との契約書を作成しました。この工事請負契約書によれば平成19年7月2日が確定日となっています。(写真・上)
 しかし、実際に契約書が作られたのは平成23年1月7日(決定日)なのです。役所が契約書を作成するには原義という内部文書が必要になります。この原義から契約書の作成日がわかります(写真・下)。なお、原義を作成したのは平成19年当時美術館を所管していた生涯学習課ではなく、後に所管替えとなった区民文化部文化国際交流課です。

 板橋区は「これらの設備について、区として正式に契約を交わして設置したもの」となるように文書を整えたのです。

 このような処理は行政契約として果たして適切なものでしょうか。少なくとも事実とは異なります。

 もしこのような処理が許されるならば、他の電気工事会社も、板橋区教育委員会に納入し職員が使っていたパソコンやデジカメ、冷蔵庫などについて、さかのぼって契約を取り交わすことが許されるはずです。他の電気工事会社は架空工事だとして損害賠償金を払わされながら、納入したこれら物品の代金は区から支払われていないのです。行政契約の原則である平等性を欠いていると言わざるを得ません。

 また、この区立美術館工事請負契約については、30万円を超える契約ですから、随意契約では行えないはずです。(地方公共団体が行う契約は入札によることが原則です。地方自治法第234条第2項)。この点についても区はどのような説明ができるのでしょうか。

 板橋区は「付け替えは行われていない」と主張していますが、本件に関する種々の書類を突き合わせると付け替えが行われていたことが明白になります。しかも、区は元職員が単独で行った不正であるとしていますが、到底一人では成立しない案件です。被告側の準備書面(平成23年6月1日)には依頼または承認した上司の固有名詞が記されています。
 
 教育委員会事務局は、区民に対して、いわゆる付け替えが行われていたことを認めるとともに、真実を語る責務があります。

INFORMATION ARCHIVE

教育委員会事務局よ、真実を語れ(4)

[2011.09.30]

 板橋区教育委員会は区立美術館の防犯カメラ設置工事をいわゆる付け替えで行いました。 付け替えですから、架空工事によって支出がなされたわけです。私の資料要求に対して9月14日に…

教育委員会事務局よ、真実を語れ(3)

[2011.09.16]

 板橋区教育員会事務局庶務課職員の指示で、付け替えによって電気工事業者が区に納品したパソコン、デジカメ、プリンター、冷蔵庫などは、現在旧若葉小学校に保管されていました。保管リ…

教育委員会事務局よ、真実を語れ(2)

[2011.09.15]

 教育委員会事務局が付け替えにより予算執行していたと思われる事案をさらに示します。 写真は、平成17年4月に板橋区教育員会が発行した2つの小学校大規模改修パンレットです。 被…

教育委員会事務局よ、真実を語れ(1)

[2011.09.14]

 昨年9月30日の一般質問で、教育委員会事務局庶務課元職員による不正事件に関して、いわゆる「付け替え」が行われていたのではないかと指摘をしましたが、教育長からは答弁がありませ…

板橋区と女川町との交流の記録

[2011.09.03]

 板橋区と宮城県女川町の交流の歴史を調べてみました。交流の仲立ちをしたウーマンズフォーラム魚(WFF・白石ユリ子代表)がこれまでの記録を掘り起こしてくれました。 女川町の浜の…